世代をつなぐ家 project

2012.9.20

三世代(祖母・両親・息子夫婦・子供達の8人家族)住宅のプロジェクトが進行中です。

その内容と模型を紹介します。

 

計画の中で重要になったのは、コンクリートの強度の話しでした。

真っ先に施主が一番にこだわった部分です。間取りは沖縄らしい住まい、いわゆる涼しさと開放的なプラン。

宇地泊区画整理地域内にある敷地。以前の宇地泊のおもかげはなく、高層ビルの建物や新しい住宅の建設ラッシュです。

 

間取り計画も朝日が昇る東側を開放して、配置計画をたてました。

2階には、息子世帯を配置し、間取りも1階同様沖縄らしさを強調し、キッチンや玄関も1階と同様に設けた。

 

また、1階はキッチン・ダイニング・リビング・和室を連続する空間構成にすることによって、世代間の交流の場として、家族団らんができることを期待している。