いつ(五)の世(四)までも

うるま市安慶名に『いつ(五)の世(四)までも』の住まいが完成しました。

 

長方形の敷地で間口が8mです。

 

計画当初から将来的な事を考え車4台分のスペースを

 

確保してほしい・・・

 

はた織をしながら、家族とのコミュニケーションを交わし生活したいとの

 

施主様から要望がありました。

 

中2階部分を突き出した間取りを採用し、

 

奥様の趣味でもある、機織りの模様を室内外に配し、

 

風水を取り入れ、光・風の通る家づくりをめざしました。

 

そして、(涼)の間・趣味の間・集の間が一つになる三間(さんま)のある家が完成しました。

 

 施主様は、本当に熱心に家づくりに取り組んでおり、

 

毎日のように出勤時・退社時に現場へ足を

 

運んでおられました。

 

施主様の考えやイメージがたくさんつまった

 

いつの世も・・・の家です。

 

シンプルで光庭と南側からたくさんの光を浴びた

 

家です。